ベビーベッドで安全な眠り|子育て用品レンタルサービス

親子

赤ちゃんのスキンケア

眠っている赤ちゃん

赤ちゃんというのは様々な点において未発達なものです。そのため、些細なことで体に負担が掛かってしまいます。特の赤ちゃんの肌は成長した大人の肌と違い、その厚さは2分の1から3分の1となっています。肌の厚さに共なって、肌に保持される水分量も大人の肌の3分の2と少ないものとなっており、皮脂量も半分以下ととても乾燥に弱いのです。赤ちゃんは肌が乾燥してしまうと、肌がガサガサになり荒れてしまいます。場合によっては痒みを伴った湿疹が発生することもあり、赤ちゃんにとってはよくありません。こういった負担を掛けないためにも、きちんとした乾燥対策が必要となるのです。
赤ちゃんの肌を乾燥から守るためには毎日のスキンケアが重要となります。スキンケアにはクリームやオイルを使用しますが、ここでも注意が必要です。大人よりも弱い赤ちゃんの肌に対して、通常のスキンケアクリームやオイルを使用することは好ましくありません。なぜなら、そういったものには化学物質が配合されていることが多く、弱い肌では逆に悪影響になる可能性があるからです。そのため、肌に優しく刺激の低い天然成分で作られたオーガニックなスキンケアクリームやオイルを選んで使用することが大切なのです。また、こういったスキンケアを行う際には優しく行うことが大切です。こういったスキンケアを3歳頃まで根気よく続けることで、綺麗な肌を将来的にもキープし続けることができるでしょう。