ベビーベッドで安全な眠り|子育て用品レンタルサービス

親子

水による赤ちゃんの健康

母子

赤ちゃんは内臓器官に関しても未発達でそれに伴って吸収・分解能力も低いものとなります。そのため、大人が普通に食べたり飲んだりできる飲食物を与えてしまうと健康に悪影響を及ぼす可能性があるのです。大抵の人はそういったことを理解し、注意しているかと思います。しかし、そういった人であっても間違って与えてしまっているものがあるのです。それは、ミルクを作る際などに使用する水です。多くの子育てをしている親の皆さんは蛇口の水を使用したりミネラルウォーターを使用したりしているかと思いますが、そういった水は赤ちゃんの健康に様々な害を及ぼす可能性があるのです。
蛇口の水やミネラルウォーターの中でも特に蛇口の水は赤ちゃんの健康に悪影響で、その要因として残留塩素と呼ばれるものがあります。残留塩素というのは蛇口から出る水に含まれてなければならない成分で除菌のために含まれています。しかし、この残留塩素が赤ちゃんの体内に入ることでアトピー性皮膚炎や喘息の原因になるのです。また、残留塩素はシャワー等の入浴用の時にも残留塩素が入浴時の肌に触れることによっても吸収されてしまいます。ミネラルウォーターに関しても赤ちゃんの未発達な内臓器官では吸収が難しいカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分を多く含んでいるため、健康への負担になってしまうでしょう。こういった負担を掛けないためには、軟水を使用することが最適です。軟水はウォーターサーバー等で多く使用されているもので、赤ちゃんの健康のために導入を検討してみることは大切なことといえるでしょう。